1993年創立。大分県初のWHO基準カイロプラクティック。12万以上の臨床経験。健康の未来を拓く。

大分快効カイロプラクティック院

〒870-0101 大分県大分市中鶴崎1-9-2

大分市でスポーツアスリートの実績多数

当院について

当院は世界保健機関(WHO)に所属するWFC加盟団体、「日本カイロプラクターズ協会」認定オフィスです。

院長・城戸崎はオーストラリア公立ロイヤル・メルボルン工科大学生命科学部カイロプラクティック学科CSCを卒業しました。2006年にWHO国際基準を満たしたカイロプラクティック学士の学位を修得し、WFC(世界カイロプラクティック連合)決議にともないIBCE(国際カイロプラクティック試験委員会)試験免除を受け、大分県では初となるWHO基準施設となりました。

スタッフ・井上は2017年東京カレッジオブカイロプラクティック(TCC:国際承認取得校)JCR試験受験資格プログラム(安全教育プログラム)を卒業、Diplomate of Chiropractic Scienceを修得し、IBCE試験に合格しています。

ご来院される患者様をスタッフ2名、JAC正会員、IBCEクリア、JCR(日本カイロプラクティック登録機構)登録者であり、安心・信頼・お役立ちの心をモットーに皆様をお待ちしております。

倫理規定遵守の国際基準カイロプラクティック治療院

当院では、所属団体である、日本カイロプラクターズ協会(JAC)の倫理規定に基づいて運営しております。

当院の特徴

カイロプラクティック的検査による問題点の究明を重視した臨床です。プライマリーヘルスケアの立場を尊重するのが国際基準のカイロプラクティックです。「腰が痛い」というだけで、いきなり腰を施術するのは無謀で危険です。

検査の結果、カイロプラクティックでは禁忌症と判断された場合には、医師による診察をお勧めする場合もあります。施術範囲と判断された場合に状態を考慮して、数多いテクニックの中から適応する施術を開始します。

なお、マッサージ的な「慰安」を求めている方、「検査・説明の話しなど必要ない」という方には当院は不適応です。当院は、カイロプラクティック的な説明を十分に行い、患者様が納得された上での施術です。

しかし、医業ではありませんので病名等の診断や医療行為は一切行っておりません。

快効式アスリートケア(スポーツコンサルタント)について

院長によるアスリートケアはアマチュアからプロアスリートの方まで御好評いただいています。怪我や故障、パフォーマンス向上等でお悩みの方はぜひご相談ください。

詳しく見る

施設のご紹介

受付

受付・待合室受付にてスタッフがお待ちしております。
駐車場は院玄関前ですが、歩行がお辛い場合は歩行補助にお出迎えいたします。
新患の方には受付表をお渡しします。


待合室

新患の方は症状を受付表にご記入していただきます。
待合室には患者様より頂戴した樹齢25年「幸福の木」が皆様をお待ちしております。


更衣室

更衣室施術ができるよう、着替えていただきます。背中を直接見やすいような衣服を準備されるとよろしいでしょう。

当院でも専用の施術着を無料で準備しております。お勤め、お買い物帰りでも安心してご来院ください。


アルチメイト

アルチメイト色々な施術テクニックに使用可能な、世界でも新しい専用テーブルです。間欠的な牽引機能が特徴です。



マクマニス

マクマニスアルチメイトの生みの親です。あらゆる体型の方に適応します。


姿勢分析器

姿勢分析器頭・肩・背骨・骨盤等の歪みを分析します。また、体重の左右バランスを測定できます。


物理療法室

症状に応じて、物理療法(超音波治療・遠赤外物理療法室線療法)を用いる場合があります。


ボディクッション

ボディクッション筋肉調整には、自然な抗重力体位で、楽な姿勢をつくります。安定期の妊婦さんにも好評です。


検査器具

検査器具血圧計・握力計・打診器・角度形・音叉・ペンライト等の器具を使用して、プライマリーヘルスケアの立場として、カイロでの治療範囲か状態を可能な限りチェックします。


画像・動画分析

画像・動画分析ご希望により、一眼レフカメラによる姿勢分析、4Kビデオカメラによるパフォーマンス分析を行います。52型大型モニターに映し出される実像により客観的に静的・動的の姿勢を改善するヒントを得られます。


快効カイロプラクティック 沿革

1993年9月3日
大分市西鶴崎のサンコービルにて開業
1993年
JCA日本カイロプラクティック総連盟入会
1995年
コックス・テクニックを修得し、マクマニス・テーブルを導入
1997年
WFC(世界カイロプラクティック連合)世界大会(東京)に参加
1998年
大分市中鶴崎(現在地)にオフィスを新築移転
2001年
施術体系を充実させるため、アルチメイト・テーブルを導入
2002年
ホームページを開設
2003年
日本カイロプラクターズ協会(JAC)入会
2006年
オーストラリア公立ロイヤルメルボルン工科大学日本校(現東京カレッジオブカイロプラクティック)CSC 卒業
WHO(世界保健機関)ガイドラインが承認する、B.C.Sc.(カイロプラクティック理学士)修得
2009年
一般社団法人 日本統合医療学会(IMJ) 正会員
RMIT オーストラリア公立ロイヤルメルボルン工科大学 カイロ学科主任 Dr.Ebrall 来院
2010年
日本カイロプラクターズ協会 九州地域ブロック長拝命
WHO基準カイロプラクティック啓蒙講演会・大分県・北海道・岐阜県・愛知県 講師拝命
2011年
WHO基準基準カイロプラクティック啓蒙講演会・大分県・徳島県 講師拝命
2012年
WHO基準カイロプラクティック啓蒙講演会・徳島県 講師拝命
2013年
WHO基準カイロプラクティック啓蒙講演会・徳島県 講師拝命
2014年
WHO基準カイロプラクティック啓蒙講演会・徳島県 講師拝命
2015年
全国高校総体陸上競技(和歌山) 帯同ケア・サポート
2016年
WHO基準カイロプラクティック啓蒙講演会・徳島県 講師拝命
2017年
ホームページをリニューアル
2017年9月3日
創業25年目を迎える

営業カレンダー

お知らせ

電話で予約・問い合わせはこちら