1993年創立。大分県初のWHO基準カイロプラクティック。12万以上の臨床経験。健康の未来を拓く。

大分快効カイロプラクティック院

〒870-0101 大分県大分市中鶴崎1-9-2

大分市でスポーツアスリートの実績多数

アスリートケア・パフォーマンス向上

陸上専門の先生だから安心できる

  • 腰痛
  • スポーツパフォーマンス

キャノンアスリートクラブ九州 キャプテン 竹本由佳様 31歳 女性

ベストタイム

・5000m 15’56"96<br />
・マラソン 2°31’02"

主な大会成績

・2013 ボストンマラソン 16位 ・2014 シドニーマラソン  3位 ・2016 大阪国際マラソン 10位 <br />


初めて快効カイロへ来たのは大分女子高時代でした。

腰痛、太ももの張り、そして九州女子駅伝で左足を痛め病院から疲労骨折と診断された時です。先輩でインターハイ1500m3位に入賞された高浪先輩の紹介でした。

あれから15年、今では坐骨神経痛や調整で通院しています。先生は陸上がご専門なので話しがしやすく私も安心して治療してもらっています。アスリート生活もいよいよ集大成の時期になりました。私の陸上への思いをしっかり結果を出して納得のいく最期を迎えたいと思います。故障した時、疲れた時の調整をよろしくお願いします。


夏の県総体の3000mで優勝することができました

  • スポーツ障害

第21回都道府県対抗男子駅伝大分県代表 安部 雅治様 16歳 男性

私は安心院中学校の陸上部に所属していました。

中2の冬から中3の春にかけて故障に悩んでいました。走れるようになっても、また痛くなりの繰り返しでした。そこで、先生の所に治療に行きました。すると今まで繰り返していた故障が嘘のように止まりました。そしてその夏の県総体の3000mで優勝することができました。これも先生のおかげです。

それからも治療だけでなく、陸上に対する支援もしていただきました。今もずっと通わせてもらっています。

先生の治療、アドバイスは今の私自身を導いてくれました。

これからも通い続ける予定なので、先生これからもよろしくお願いします。


城戸崎先生から治療を受けると共に、勇気や元気、努力が大切であることを学び、本当に感謝しています

  • 足・脚の痛み
  • スポーツ障害

安部 英治様 51歳 男性

私の息子は平成28年1月の全国都道府県駅伝大会の大分県代表選手として、6区(中学生部)を走らせていただきました。これもひとえに快効カイロプラクティック院の城戸崎先生のお陰だと思っています。

平成27年3月頃、息子は足を故障しており、私は息子を連れ、いろんな整骨院等を受診しましたが、痛みは取れませんでした。
知人から大分市の快効カイロプラクティック院の紹介を受け受診しました。初受診した際、息子の足の痛みは軽くなり、息子の顔に笑顔が戻ってきました。

その後、当院を数回受診し、足の痛みがなくなり、そして県中学校大会3000m走や県中学校駅伝大会では1位をとり、大分県の代表として都道府県駅伝大会で6区を走ることができました。

息子は、城戸崎先生から治療を受けると共に、勇気や元気、努力が大切であることを学び、先生には本当に感謝しています。
これからも快効カイロプラクティック院の繁栄を強く希望いたします。


身体のバランスが良くなるだけでなく、本来の力を発揮することができるまでに仕上げてもらえる

  • スポーツパフォーマンス

日本文理大学チアリーディング部 BRAVES ベース/ミドル 4年生 井上 蘭華 22歳 女性

明日、東京へ全日本選手権大会に出発のため、自身のベストコンディションをつくるために治療を受けにきました。4年間治療していただき、毎度、完璧な状態に戻していただくことができ、治療後の練習では身体のバランスが良くなるだけでなく、本来の力を発揮することができるまでに仕上げてもらうことができていました。

また自分のパフォーマンスの低下の際、どこが悪いかを自身で気が付くことができるようにもなりました。治療を受けることによって、自分のパフォーマンスが良くなることを実感することができているので、私は後輩にも快効カイロをすすめ、更なるパフォーマンスの向上をしてほしいと思っています。

最高な報告が笑顔でできるよう、全力で頑張ってきます!


怪我や痛い所があってもすぐに治してもらえる

  • スポーツパフォーマンス

日本文理大学チアリーディング部BRAVES 金田七穂様 19歳 女性

私は、日本一になるために大分県の日本文理大学に入学しました。

大学1年生の頃は厳しい練習に体がついていけず、痛い所が多かったり体のバランスも悪く、自分のパフォーマンスに伸び悩んでいました。

ですが、先輩に教えて頂きカイロプラクティックに通うようになってから、体の調子も良くなりパフォーマンス向上に繋がりました。そのおかげで冬のインカレでは日本一を取る事が出来、今は8月19、20日で行われる全日本選手権大会に向けて頑張っています。

今年も絶対に優勝を掴み取り、先輩方が築き上げたBravesを守り続けます。怪我や痛い所があってもすぐに治してもらえてパフォーマンス向上の手助けをして下さる先生がいるので安心して練習に取り組めています。

日々の感謝の気持ちを込めてこれからも頑張ります。

今日の治療目的は右手首の痛み、左ひざの違和感を治してもらい、全国大会に向けてバランス調整が目的でした。

治療前の倒立バランスと治療後は、あきらかに手首の痛みもなく、バランス良く倒立が出来ました。

先生も日本一を祈っていてくださいね!!「行ってきます!」


肩の痛みが無くなり全力投球することが出来るようになりました

  • 肩の痛み
  • スポーツ障害

K.I.様 38歳 男性

私は高校時代に野球部に所属していましたが、高校2年の時に肩を痛め球を投げる度に痛みを感じながらプレーしていました。整骨員や整形外科等のいろいろな病院に通いましたが痛みが治ることはなく、全力投球出来ない日々が続いていました。そんな時、友人の紹介でカイロプラクティックに通い始め治療を受けると肩の痛みが無くなり全力投球することが出来るようになりました。今までは電気治療やリハビリ等同じ事を繰り返していましたが、カイロプラクティックでは痛みの原因を分かりやすく検査(触診)を通じて教えてくれること、治療前後の違いを確認できることで不安を取り除いてくれるので、痛みを根本的に治療できていることが実感できると思います。

今でも草野球を続けていますが、大会前や少しでも違和感を感じる時には治療を受け痛みを感じることなくプレーすることが出来ています。初めて治療を受けてから21年になりますが、時には精神的なことや内臓系の不調等、色々なアドバイスをしてくれるので、体のメンテナンスを含め通院を続けています。

ただ、保険が使えず負担が大きいので、1~2ヶ月に1回のペースになり、集中的に通院できないことが残念ですが、今後も続けていきたいと思います。


医学を学んだ私も納得できることが20年通い続けている理由

  • スポーツパフォーマンス
  • その他

看護師・保健師・助産師・救急救命士・第一種衛生管理者免許取得 A様 52歳 女性

自分が一番苦手なことをやれたら、すこしは自分に自信がもてるかも?それが「走る」ことだった。「ホノルルマラソンに行く」と宣言したのが20年前。しかし中学卒業してあまり運動をしてこなかった私は1km走っては立ち止まる、生まれ持った外反母趾。すぐにからだが悲鳴をあげ、たどりついたのが「快効カイロプラクティック」だった。

からだのケアだけでなく、手の振り、走る姿勢など細かに指導していただいたおかげで20年間大きな故障もなく走り続けている。

ある時、走っていて転倒し胸部打撲、腕をあげられないほどの痛みがあり、整形を受診しても骨に異常なしという診断。その時にカイロに駆け込んだ。
胸部のゆがみがあるといわれ治療後、うそのように楽になった。元気に走っていた私は膝が痛いと動くのも億劫になっていた母をカイロに連れて行った。それから毎週木曜の朝一番が母の治療の時間となり、先生とのおしゃべりもあり、本当にその時間を楽しみにしていた母の治療をはじめてマウイマラソンに行った時のこと、走り終わったあと突然の雨にあい、応援に来ていた母が走ったのだ。

ずっと足をひきづっていた母が、父と本当に驚いたのを覚えている。

10年ほど前、また治療してもらうことを楽しみにしながら母は逝った。母だけでなく先生が国際基準の資格を取得されたこともあり、私も多くの知人を紹介した。
この20年間、はじめての100kmマラソンの途中、本当に苦しくなり、先生へ電話した。塩分をとり、手を振ったら前に進むと励まされ、100km走り終えた。
富士一気登山競走の本番一週間前に捻挫した。「行ってこい」と出発の日の早朝、ケアしてもらいテーピングして走った。カイロプラクティックはレントゲンではわからない神経の道があり、その微妙な歪みからくるからだの不調があることを医学を学んだ私も納得できることが20年通い続けている理由だ。そして今だに走れている。走ることを通して人生が豊かになったことは間違いなく、支え続けてくださっている先生とカイロプラクティックの手法にこころから感謝している。


今はきちんとキャッチボールなどができるようになり、とても感謝しています

  • 肩の痛み
  • スポーツ障害

ソフトボール H.I.様 15歳 女性

私は高校でソフトボールをやっています。ポジションはサードで、ファーストにボールが投げられなくなりました。そして中学校時代にお世話になった佐藤先生に相談しました。そうすると、先生がよく通院している快効カイロプラクティック院を紹介してくれました。
治療で本日で5回になって、最初の治療は検査を主にして投げられなくなった原因が肩の筋肉のせいで投げられなくなったのを知り、イソップ症ではなく安心したのを覚えています。治療を受け、今はきちんとキャッチボールなどができるようになり、とても感謝しています。ありがとうございました。


今ではキャッチボールをすることができて、本当に良かったです

  • 肩の痛み
  • スポーツ障害

H.I.様 お母様 女性

娘がソフトボールが投げられないと心配で、カイロプラクティック院を紹介していただきました。
初めは大丈夫かな…カイロで改善するか心配でしたが、初回少し投げられるようになり、娘も安心し私も来て良かったなと思いました。本日で5回目ですが、今ではキャッチボールをすることができて、本当に良かったです。
カイロだから体をさわり、まだ未成年の娘だから心配でしたが、先生方がわかりやすく治療の仕方を教えていただき、娘も安心してカイロプラクティック院に通うことができました。ありがとうございました。


5年間帰省のたびに体を見てもらっています

  • スポーツパフォーマンス

九州大学硬式野球部 橋内 秀治 様 21歳 男性

夏休みを使って帰省し快効カイロプラクティックに治療しにきました。

そこで高校時代の投球フォームをホームページにあげてもらえるということで久しぶりに見ましたが、今とはフォームもバランスも違って、悪くなったと思ったらここに通わせてもらって、少しずつですが良くなってきています。

高校時代から5年間帰省のたびに体を見てもらっていますが、そのおかげで大学では怪我もなくやってこれています。

これからも野球を続けていくうえで、快効カイロプラクティックにはお世話になると思います。


練習中の事故。選手生活は引退かと不安の中、先生からは「引退はまだ早い」と言われたことは忘れられません

  • 足・脚の痛み
  • 関節痛
  • スポーツパフォーマンス

全国インターハイ3位・プロGIII優勝 日本競輪選手会 85期 菅原 晃様 38歳 男性

私は旧学校名 日出高校時代より快効カイロさんに平成7年から22年間治療していただいています。
師匠である三好先輩から紹介されたのを覚えています。

高校時代からプロテストに合格し、何か調子が悪い時に先生に治療してもらっています。

一番の思い出は道路で練習中に事故にあい、もう選手生活は引退かと不安に思った時です。入院から退院後、治療とリハビリを先生にお願いしました。先生から引退はまだ早いと言われたときは忘れません。
レース前の調整治療を終えると先生から「ピン・ピン・ピン」目指せと、いつも背中をおされます。


営業カレンダー

お知らせ

電話で予約・問い合わせはこちら